본문바로가기

  • 대학교
  • オーダーメイドプラン
  • 限定イベント
  • お部屋探し
TOP

語学堂関係者インタビュー

HOME > 語学堂関係者インタビュー
[SEKCインタビュー] 崇実(スンシル)大学国際教育院のチェ・ジア様です。
Name :
SEKC韓国留学
File :
file 사진.png  



1. まず、自己紹介をお願いします。


崇実(スンシル)大学の国際チームで主に日本人・中国人学生の入学を担当していて、
協力機関などの交流や管理をしているチェ・ジアです。
崇実大学の国際チームは語学堂の学生だけではなく、交換学生や学部への留学生など崇実大学内の全ての
国際業務を担当しているので、語学堂の学生が語学堂過程を終了後、大学や大学院への進学を希望する場合にも、
気軽に問い合わせや手続きをすることが可能です。
また、語学堂の学生たちとはグループチャットも行っていて、そこから各種お知らせをしたり、
相談や問い合わせへ直接受け答えもしていますよ。


2.崇実大学の語学堂の中で、日本人の比率はどうでしょうか?


崇実大学の語学堂・韓国語課程への留学生は約250名ほどで、その中で現在は20~25名ほどが日本人学生です。
語学堂に通う留学生の数自体は少ないほうかもしれませんが、国籍は多様だと思います。
中国・ヨーロッパ・ウズベキスタンなど様々な国籍の学生が在学中で、クラスごと色々な国の学生を配属するようにしています。
1つのクラスにおける日本人学生の数は2~3名程度なので、比率としてはまだそれほど高くないと思います。


3. 授業のカリキュラムはどうなっていますか?





授業のカリキュラムは国家で定められている通り1~6級まであり、基本的にそちらにあわせた内容ではありますが、
崇実大学では学校独自で作成したテキストを使用して授業を行っています。
(内容が充実したかなり厚めのテキストなんですよ!笑)
韓国の大学で授業を受けなければならない学生向け(大学進学者向け)にあわせて作られた教材なので、
主に現地学生との学校生活で起こりうる様々な状況で使えるような内容を勉強できます。
また、崇実大学では課題として実践的に校内の学部生(韓国人学生)に声をかけ、授業中に習った内容を使って会話をしたり、
映像を撮ったりすることも多いです。そのため、カリキュラムが他の学校より難しいと感じることもあるかもしれませんが、
その分韓国語の実力向上に期待できると思います。


なお、他の学校より授業料が安いほうですが、経歴がある先生たちが直接研究のうえ副教材を作成し、会
話中心の授業を行っています。また、文化体験授業も1学期に2回ずつ準備していますが、ソウル近郊ツアー等を行い、
学生たちが授業中に学んだ韓国文化や内容を実際に体験できる機会を提供するようにしていますので、
留学生の皆さんからの満足度もとても高いです^^


4. 崇実大学にも寮が多いと聞いていますが、学生寮はどうなっていますか?


崇実大学では、すべての留学生に向けて確実に学生寮が提供されますので、学生達同士で親睦を深める機会も多いようです。
学生寮は現時点で5軒ありますし、学校のすぐ前に位置する新築されたアパート型のマンションなど様々なタイプの寮があります。
基本的に2人部屋で建物によって学生寮費は異なりますが、位置がすごく良いのでおススメです。
最近はK-POPダンスに興味があって韓国へ留学する学生も多いようですが、
実際に日本人学生の中で(SEKCプラン利用の留学生)崇実大学が江南(カンナム)と近いので、語学堂の授業が終わってから
江南エリアに位置するダンススクールに通うのにも便利であるという声を聞きましたよ!


5. 実際に日本人学生が留学生活を過ごす様子をみて、どのようなイメージを持たれていますか?


日本人学生はみんな真面目に授業へ参加するので、講師陣も日本人学生を歓迎しています。
特に日本人学生が一生懸命授業へ参加すると、やはり他国学生達の授業参加率も増すので、
授業の全体的な雰囲気に良い影響を与えてくれていることも多いです。
また、日本人学生は予め大学や授業の雰囲気を体験しようと、本格的に語学堂へ通う前に短期留学を希望することが多いですね。
そのため、今後7月末に1・2週間の短期授業を開講しようかという計画や話も出ているところですよ。
あとは、実績として日本人学生の中に語学堂の4級までを修了後、日本で제주항공(チェジュ航空)に就職された卒業生がいます^^


6. 授業以外に、学校内で設けられている特別活動などは何かありますか?



まず、【トウミ制度】があります。
学期始まりにこの制度に申請すれば、崇実大学の韓国人学部生と1:1のマッチングをし案内しています。
稀に、韓国人学部生1名:留学生2名となる場合もありますが、現在もほとんどが1:1となっていて、
できる限り同性の方を案内するようにしています。また、【写真トンアリ】という活動も設けています。
トンアリは日本の部活にあたるもので、語学堂内のトンアリとして様々な景色などを写真に撮って通う活動をおこなっていますが、
何年間にもわたり引き継がれていて活発に活動していますよ!その他に、語学堂内ではなく学部内でのトンアリに参加したい場合には、
個人的にトンアリを探して、メールなどで申請し参加している学生もいるようです^^

最後に、崇実大学では【TOPIK対策クラス】が設けられています。 だいたい、TOPIK試験がある2~3週間ほど前からクラスは開設されます。

こちらのクラスには返金制度があり、現時点で教材料・授業料として35,000ウォンを前払いしてもらったあと、

TOPIK対策クラスへの出席率が80%以上であった場合には30,000ウォンを返金しているので、

ほとんど無料で受講できると学生達からもとても人気があります!



7. 特別活動がたくさんある崇実大学ですが、奨学金制度もありますか?



はい。崇実大学には奨学金制度があり、基本的に授業料の一部を免除しています。

日本人学生がこちらの対象者となる場合がほとんどですし、皆勤賞の他、クラス内での1位や各級内での1位も

日本人学生が受賞されていますね。
また、語学堂を1学期以上修了してから崇実大学の学部へ入学する学生の場合、80万ウォン相当の入学金が免除されます。

そして3級の修了者には授業料の50%、4級の修了者には授業料の70%まで奨学金制度が適用される等、

さまざまな奨学金制度が用意されていると思います。


8. 崇実大学の周りのグルメやおススメするところなどはありますか?


学校の周りには、食堂やカフェ等が沢山ありますが、その中には和食メニューがあるお店や韓国料理の食堂も多いです。
ですが、学生会館にある学食がとてもよくできていて(広い空間の中に、様々な種類の食べ物やカフェが揃っています!笑)ので、
特に学校の外に行く必要もないくらいであるのが正直なところです^^
また、崇実大学はサッカーチームがとても有名で、学校敷地内には、実際のオリンピック規模のサッカー競技場があります。
外部のサッカーチーム団体もその競技場を借りて練習したりすることもあって、学生会館のカフェから観覧している学生も
いるんですよ!(学生会館にあるカフェの目の前に、競技場が位置しています^^)


9.最後の質問になりますが、韓国への留学を考えているSEKC韓国留学の日本人学生に向けて、
学校の自慢をしてください!どうぞ~!


崇実大学では、日本語・英語・中国語等さまざまな言語での相談にも対応しているので、
韓国での留学生活に困ったこと等があれば、いつでも相談できる環境が整っています。
ソウルの中心部に位置している崇実大学で、きちんとしたカリキュラムに沿って韓国語をしっかり勉強したい!
という学生の方々がいらっしゃいましたら、いつでも歓迎しています^^
いつか崇実大学でお会いできることを待っています~!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、崇実大学国際教育院のチェ・ジア様のインタビュー内容をお伝えました。


→ 崇実大学について(PC)
崇実大学について(モバイル)
→ 崇実大学紹介の記事(PC)
→ 崇実大学紹介の記事(モバイル)

목록보기